カードクターKの小部屋

現役整備士による、かかりつけ病院です

クルマの寿命はどれくらい?

 

f:id:kanto919:20180530230016j:plain

おはようございます。

今回は、クルマの寿命について考えてみようと思います。

 

以前は『10年・10万キロ』と言われていましたが、技術の向上によりその神話も

崩れつつあります。とはいえ、車は機械です。鉄の塊です。整備士の目から長持ちさせ

るポイントを整理していきます。

 

まずは、ボディー。

初めにも書きましたが、車は鉄の塊です。錆には勝てません。自分の車は10年を超え

て、目立った錆は左後ろのタイヤの上だけです。車でさびやすいのは、タイヤ周辺の

フェンダーと呼ばれる部分、ドアの下の通称”ミミ”と呼ばれる、

 

トがある部分、そして、下回りです。

これらを防ぐためには、まずは、洗車です。一般的な洗車場で、手洗いするときは、

洗車ガンでタイヤハウス(横から見てタイヤの内側)にも水をかけましょう。冬に

融雪剤を撒く地域や、海が近く潮風が強く吹く地域では特に念入りにしましょう。

余裕があれば下回りもかけると少し違います。洗車が終わったら、水滴をふき取り

ワックスをかけます。

ボディーにはクリアー塗装が施してあります。これは、紫外線やスポンジ等で擦ること

で少しずつ傷つき削れて行きます。メタリック車ではない、単色系のボディーは層が薄

いので、手入れを怠るとクリアーが剥がれ色が褪せていきます。

ワックスのかけ方や、お勧めに関しては今回は割愛しますが、ワックスにこだわること

でボディーの長持ち度が変わるので、愛車にあったものをお使いください。

 

次に、下回りですが、これには防錆コートの塗装がお勧めです。大抵、新車ディーラー

や整備工場で施工しているものですが、施工することで、大きな効果があるものです。

防錆コートには大きく分けると2種類あります。

①ラッカー系

これは、プラモデルの塗装や、木工品など、ホームセンターなどで売ってる、スプレー

缶のような仕上がりの防錆コートです。乾燥後の塗膜が薄く、時間がたつとペリペリと

はがれやすくなります。防錆効果はあるのですが、長持ちはせず施工後1年程度と言わ

れています。

②ワックス系

ワックスといってもボディーに塗るものではなく、浸透性のあるオイルやワックスで柔

らかく厚い塗膜を作ることで、石や氷による傷を守るだけでなく、水分や空気を遮断し

錆の発生を防ぐ効果を持つものです。こちらの効果は3年程度のものが多いです。

 

どちらも、下回りに汚れがあると施工できないため、新車時に塗ってもらうのがいいで

しょう。その後、車検ごとに施工していくのがいいと思います。金額がその店によって

違いますが、大体、ラッカー系が1~3万、ワックス系が2~5万円くらいではないでし

ょうか?

 

最後に

ボディーに関しては、防錆コートのように初めにやっておくと、あとあと楽に長持ちさ

せられるものと、ワックスのように、定期的に行うことの2つに分けられます。

どちらも、手間はかかりますが、間違いなく長持ちしますので、ここを注意して、長く

愛車と付き合っていきましょう。

 

次回はエンジン編をお送りします。

 

 

車は本当に必要か?真面目に考察してみる


f:id:kanto919:20180507152859j:plain

こんにちは、こんばんは、かんとくです。

GWいかがでしたか?私はずっと仕事でした。

 

今回は、今時こんなブログで大丈夫か?と、思ってしまったので、車の必要性について考えてみたいと思います。

 

自分の現状

まずは、自分の置かれている状況で考えてみます。

私は、函館でも、中心部から離れた住宅街に住んでいます。函館には路線バスと市電があるのですが、圧倒的に本数が少ないです。

f:id:kanto919:20180507141549j:plain

ご覧のように、最大で1時間に3本です。空白の時間もあります。私が利用するときは、会社の飲み会がある時だけです。

これが要因かわかりませんが、飲み会でもマイカーで会場に行って、代行で帰ってくるという方が多いです。

次に、大型スーパーまでが遠いです。私の自宅近くには、小さい物も含めると3つほどありますが(車で10分圏内)、場所によっては30分以上離れたところにあることも多いです。

次に市電ですが、今は、観光地同士を結ぶ路線しかなく、私の地域までは路線がありません(大昔は通ってました)。

このことから、私は、ほとんど公共交通機関を使うことがありません。出勤も買い物も遊びに行くのも、車がないとできない状態です。さらに、冬は道南といえど雪は積もりますので、歩くよりは車で移動したほうが体は楽です。

さらに、こういう流れからか、路線バスや市電の利用者数は、年々減少しているそうです。

 

車で移動するメリットは、

  1. 時間的に自由が利く
  2. 荷物が多くても積める。
  3. 天候が悪くても、身体的に余裕がある。

といったところでしょうか。

一方、デメリットは、

  1. 行った先に駐車場が無いところもある。
  2. 歩いて買い物するのが億劫になる。
  3. 維持費(特にガソリン代)を気にする。

1は、特に市内中心部、五稜郭周辺に多いですね。飲み屋だったり、観光地の駐車場は、軒並み有料ですし。

2は、近くても、車で行ってしまおうと思うことがあります。

3は、車を持っている以上、避けて通れないところなので、ある程度割り切っています。

そのほかの地域では。

全国的に見ても、函館のような地域はほかにもあると思います。なので、東京を例に考えてみます。

東京には住んだことがないので、調べたことのみを元にします。

1、公共交通機関

鉄道は、JR・私鉄・地下鉄が網の目のように発達しています。乗り換えを駆使すれば、電車だけで行けるところもあるでしょう。バスも相当数あるので、移動には困らないと思われます。

2、道路

道路も、国道・高速道路などが網の目になっています。渋滞がすごそうです。

都内の移動にも首都高速を使うと聞いたことがありますが、道民としては、近くの移動に高速を使うという感覚がないので、不思議な感じですね。

3、月極駐車場

これが、調べて一番驚きました。函館の相場(自宅近くで)が月5000円、都内の相場が、最高値で50000円台
なんと10倍でした。土地の値段が違いますね。

4、ガソリン価格

これは、あまり変わらず、平均141円程度。昔は100円の時もあったのにと、思わずにはいられません。

 

まとめ

以上のことから、車を持つにことには、地域性も関係していることがわかりました。

私が東京に住んでいたら、車を持つより、電車やバス、下手したらバイクを持つことを考えるでしょう。

特に、20代では余計にその傾向が強くでると思います。今は、パソコンやスマホ、その他のデジタルなものが多く、興味をそそられるでしょうね。

私が、20代のころは、この仕事を始めたころで、車でいろんなところに出かけました。ひとりでもそれ以上でも、自由に走り回る感覚は、今でも楽しみの一つです。
今の若者にも、そのような感覚をもっと感じてほしいと思います。

 

 

 

車のことより、自分のこと

f:id:kanto919:20180425215626j:plain

こんばんは。かんとくです。

今回は、改めて自己紹介したいと思います。

突然ですが、おつきあいください。

 

名前の由来

さて、自分のHNですが、”かんとく”といいます。

これは、22、3歳くらいから使っているのですが、仕事に関係しているとか、

なにかの、チームの監督とか、ではありません。

 

22歳ごろのこと、当時、スポーツ観戦が好きだった僕は、Jリーグのコンサドーレ札幌が好きでした。スタジアムに行きたくても、土日の休みが取れなかったので、ほとんど、テレビ観戦でした。

そんな時、新聞か、タウン誌の広告に、函館のサポーターズクラブのメンバー募集の記事を見つけ、これだ!と思い、すぐに電話をしました。そして、そのメンバーと顔合わせの時に、「岡田監督に似てる」という一言から、”かんとく”呼ばれるようになりました。

岡田監督とは?という方もいると思います。元日本代表監督・コンサドーレの監督も務めた、現・FC今治代表の岡田武史氏のことです。それからは、メンバー内では”かんとく”と呼ばれ続けています。

なぜ、整備士に?

僕の幼少期は、自家用車がありませんでした。

生まれてすぐに、両親が離婚。母子家庭だったせいもあり、車というものにふれる機会がありませんでした。

4歳ころからは札幌で暮らしていましたが、移動はもっぱらバスか地下鉄でしたね。

このころから整備士になりたい、という夢は漠然と持っていました。

小学生の頃は、完全に整備士を意識し、CARBOYやチャンプロードなど、車の雑誌で、知識を覚えるということをしていました。

ところが、中2の冬、母親が癌で亡くなると、環境は一変しました。

それまで、音信不通だと思っていた、父親の家族に引き取られることになったのです。

その当時の記憶はあまりないのですが、一人暮らしでもいいから、ここに残りたいと

言った覚えがあります。今思えば、中学生で一人暮らしはきついですね。

 

函館に戻ってからは、一層、整備士への想いは強くなり、工業高校を経て、整備士の専門学校へと進んでいきます。

就職してから

札幌の専門学校を卒業してからは、函館のディーラーに就職しました。

そこで、基本を学び、検査員にもなりました。

8年たったある日、人事異動で系列のカー用品店に移動になりました。

(地元の人ならわかっちゃうかも)

ディーラーとは、違う仕事内容に戸惑いながらも、気づけば12年も続いています。

ディーラーでは、すぐに辞めるだろうと揶揄されていたのですが、負けず嫌いなので

絶対辞めないと誓っていた部分もあったと思います。

今は・・・

今は、20年のキャリアの中で、一番、性にあっているな、と思います。

お客様にアドバイスしたり、接客で商品売ったり、そして何より、医者のような、相手の立場に立った仕事、という感覚になっています。

車は、移動手段の一つかもしれませんが、買うときには、かなり悩んだり、お金をためたり、高額な買い物ですよね。そんな、物をいかに安くお得に維持して乗っていくか、それを、手助けできたらいいな、という信念で仕事しています。でも、どうしてもお金がかかるところは、仕方ありません、あきらめてください。『車が限界ですよ。』とお客様に引導を渡すときもあります。

そしてこれからは

僕も、あっという間に40歳になりました。

体も、年相応になってきました。この先はどうなるか分からないですが、やっぱり車が好きなので、この仕事は続くでしょう。その中で、皆さんに役立つこと、お手伝いできることがあればいいと思います。

 

 

長々と失礼しました。

こんな、普通の人間ですが、車のことは人一倍好きなので、これからも、役に立つ情報を、書いていきたいと思います。

 

よろしくお願いします。

なんでも自分でやってみよう2

こんばんは、かんとくです。

前回は、車の電源について書きました。

今回は、更に高度な場所から電源をとる場合

について書きたいと思います。

分解してみよう

車の3種類の電源のうち、BATT電源とACC電源の、どちらも使われているところが一カ所あります。

それは、オーディオです。

オーディオ裏には、この2つの電源の他、各スピーカーへの配線やラジオアンテナなどが集中しています。オーディオまわりのパネルが分解できる方なら、こちらからとるといいと思います。ただし、パネルを外す場合、外す順番を間違えると、壊す恐れがあるため自分を守りください。また、力任せに外そうとしても、壊れる為、慎重な作業になります。

分解の方法は、次回、自分の車で実況に見ていただきたいと思います。

f:id:kanto919:20180415200128j:plain

 

配線の色

これは、社外オーディオに限るのですが、配線の色が統一されています。BATTは黄色、ACCは赤色なので、それを見つければいい訳です。

純正オーディオの時は、各オーディオメーカーの取り付け情報を参照ください。

クルマ別製品取付け情報 | アルパイン | ALPINE Japan

ちなみに、分解の仕方も掲載されています。

そしてここまでできれば、オーディオの交換もできるようになります。

まさに一石二鳥です。

配線をつなごう

f:id:kanto919:20180415202134p:plain

つなぐときは、これ。エレクトロタップです。この両開きタイプが使いやすいです。

配線の太さによって、青・赤・白の順に細くなっていきます。配線の太さによって変え

ましょう。ACCの時は赤でOKです。使い方の詳細はこちら。


 

 最後に

皆さんどうでしたか?

パネルを外すときは、力まかせではなく、リムーバーを使って、てこの原理で外すよう

にして下さい。メーカーによっては分解が面倒な車もあります。その際はお気軽にご質

問いただければ、できる限りご指導します。

 

それではまた。

 

お気軽にご質問・ご要望承っております。

なんでも自分でやってみよう!カーDIY

やってみよう!カーDIY

どうも、かんとくです。

皆さんはDIYってやったことありますか?

車に限らず、家具・家・庭など。

”Do It Yourseif”の意味のごとく、車のことも何でもやってみません

か?

 

はじめに

皆さんが車でやりたいことって何でしょうか?

簡単な整備とか、洗車とかいろいろあると思います。

まずやってみたいと思うことの一つに、

電装系のドレスアップがあると思います。

足もとにLEDをつけたい、ヘッドライトを明るくしたいなど、簡単そうで実は奥が深

いのです。

まずは、車の電気について学んでみましょう。

 

車の電気

前回で、バッテリーの話をしました。

このバッテリー、簡単に言うと”大きな乾電池”と考えてください。

バッテリーの電圧は12Vです。2Vの乾電池が6本つながったものです。

乾電池なので、プラスとマイナスがあります。電気の流れ(電流)はプラスからマイナ

スへ流れていきます。

例えば、LEDを光らせる場合は、この流れの通りにつければ光ります。しかし、車

にはキースイッチの位置によって、3種類の電気の流れがあります。

キーシリンダー(エンジンをかける時に差す鍵穴・プッシュ式のものもあります。)

f:id:kanto919:20180410142208j:plain

①BATT電源

②ACC電源

③ON電源

 

①BATT電源とは、通称、バッ直と言われ、スイッチの場所に関係なく、常に電気が

流れている電源です。ここにつないでしまうと、LEDは光ったままになります。

 

②ACC(アクセサリー)電源とは、キーを一段回したところで電源が入る電源になり

ます。キーがカチッと一段回ったところで止めると、オーディオがオンすると思います

が、そこがACC電源になります。

 

③ON電源とは、ACCからさらに一段回したところで、オンになる電源になります。

これで、メーターが作動します。

 

LEDを光らせる場合は、どこに繋ぐかによって光り方が変わってきます。

BATT電源なら、間にスイッチつけて、好きなタイミングで光らせたり、ACCやO

Nなら、エンジンがかかってる間は、常についた状態にすることもできます。

 

どこからとればいいの?

この電源、どこからとればいいのかというと、一番簡単なのが、ヒューズボックスで

す。

f:id:kanto919:20180410142448j:plain

これは、自分の車ですが、助手席グローブボックスを外したところにあります。

車によっては、運転席足もとにあったり、助手席足もとにあったりします。

ここの、ACCまたはBATT電源に対応するヒューズを見つけ、エーモンから出てい

る”ヒューズ取り出し電源”で、電気を取り出します。

大体、説明書のヒューズ一覧か、ヒューズボックスのカバーに、ACCとかCIGとか

書いてあるヒューズであればOkです。

説明書がない時や、カバーにも書いてない場合は、これを使います。

f:id:kanto919:20180410143522j:plain

検電テスターです。

カー用品店で売ってます。

これを使って、キーの位置を変えながら、テスターが光るところを探します。

あ、クリップ側は金属にはさんでくださいね。

あと、つなぐLEDなどのマイナス側は、車の金属につけてください。

金属部分がマイナスになります。

 

最後に

ここまで、できれば後は応用です。

スイッチをつけたり、ソケットを増設したりできます。

ただし、つなぐヒューズを間違えると、車側に不具合が出る場合もあるので、気を付

けて下さい。

これも、業者に頼むと工賃が馬鹿にならないので、自分でできると節約になりますね。

 

タイトル変更

いきなりですが、タイトル変更しました。
40になるおっさんが、ゆるふわも無いかなぁ
と思いました。

もともと、車のお医者さんになるのが夢で、整備士
になったので、こんな、気持ちで取り組んで行きます。よろしくお願いします。

車検の真実。本当はもっと安く出来る

車検って安く出来るの?

結論から言えば、できます。

今日の出来事ですが、

うちの店では、事前に車検見積もりを取ります。

そのお客様は、ディーラーでも見積もりしてきたようで、

最後に「ディーラーと値段が違うけど、内容はどう違うの?」と聞かれました。

実際にディーラーの見積もりを見せて貰うと、下回りのサビ止め塗装や、ベルト交

換、バッテリー交換とかなり多くの整備が含まれていました。ちなみにうちの店では

半分の内容で、金額も半分くらいでした。

 

 なぜこんなに違うのか

実は、ディーラーやカー用品店などの車検で、追加整備と呼ばれる整備は、極端に

言えば必要ありません。

そういう所で働いている、自分が言うのもおかしいですが、実際のところ、追加整備

は店の売り上げの為に、多くとっているところもあります。

追加整備の内容は、点検をした時に、汚れていたり、いままで交換していないような

部分を『メンテナンス』する為に交換をお勧めする、というのが目的です。

だから、追加整備しなくても車検は通ります。ですが、追加整備の中でも、『保安基

準』に引っかかる部分は、交換しなければ車検は通りません。その保安基準が以下の

とおりです。(抜粋)

①タイヤの溝は1.6mm以上

②ブレーキパッドの残量は1mm以上

③ブレーキシューの残量は1mm以上

他にもありますが、最低限このくらいです。

お店の人にここは絶対交換しなければ車検に通らない、と言われたところ以外は、今

すぐ交換しなくても、車検は通ります。

それを判断するのはお店の人なので、見積もりの際や、追加整備を勧められた際は、

『その部分は交換しなくても車検は通りますか。』

と聞いてみるといいと思います。

 

最後に

メンテナンスの観点から勧められた整備は、車検時にやらなくても、後から必ずやっ

てください。例えば、オイル交換。しばらく交換しなければ、オイルが減って、最悪

エンジンが焼き付いてしまうかも知れません。

車検は2年毎に行う、車の健康診断だと思って下さい。安く済ませる為にメンテナン

スを後でするか、車検のタイミングで、しっかりメンテナンスして、長い乗れるよう

にするかはあなた次第です。