カードクターKの小部屋

現役整備士による、かかりつけ病院です

ローカルな話

札幌の力

こんばんは、かんとくです。

 

最近、思うのですが、

夕方にやっている、北海道の情報番組って

札幌の話題が多いんですよ。

たしかに、北海道の県庁所在地は札幌です。

多くのお店もあります。

数字取る為には、話題性がないとダメなこと

もわかります。

でも、地方の話題も、もっと取り上げて欲しい!

やっぱり、ネットの力しか無いんでしょうかね⤵

函館も、良いところたくさんありますよ~

 

そんな思いがあるので、機会があればご紹介します。

 

 

 

車のバッテリー・季節の変わり目に注意!

バッテリーについて

こんにちは、かんとくです。

 

北海道も雪解けが進み、春の訪れを感じるようになりました。

さて、皆さんは“バッテリー上がり“という言葉を耳にしたことがありますか?

車のバッテリーの電力がなくなりエンジンをかけられなく現象のことです。

実はこのバッテリー上がり、寒い時期より季節の変わり目にも多いって知っていますか?

寒い時期も、もちろん多く発生しますが、気温が上がり、エアコンを使ったり、

遠出をした際に渋滞に巻き込まれたりと、車にとって厳しい条件が増えるため、

弱ったバッテリーに止めを刺してしまうことがあるのです。

 

 

 

バッテリーとは?

車を動かすために必要な電気を貯めておく充電池。スマホタブレットにも入って

いますね。

スマホはコンセントから充電できますが、車はエンジンが、かかっているときにしか

充電できません。

バッテリー上がりとは?

バッテリーの充電が切れて、エンジンやエアコンなどが作動しなくなる状態。

車のエンジンがかからなければ、ただの鉄の塊。どうすることもできません。

なぜバッテリーが上がるの?

①バッテリーの寿命

②電装品の使い過ぎ(エアコン・ライト)

③走る距離が短い(週末しか使わないなど)

④車の充電装置の故障

 

①は、上がったタイミングと寿命が重なったとき。一般的に寿命は3~4年

といわれています。経験上、それ以上の場合もありますが。

 

②は、暑くなってきてエアコンのスイッチを入れる時や、渋滞が続いてブレーキを

踏む回数が多くなる時、ライトをつけたままエンジンを切るなど。

 

③は、バッテリーはエンジンがかかっていなくても、電気は使われています。

(時計やラジオのメモリー記憶など)

家電製品の待機電力と考えてください。

そして、エンジンがかかっているときの時間が短いため、充電されずに待機電力が

上回ってしまい放電しきってしまうのです。

 

④は、エンジンをかけても充電されない状態です。一番わかりやすいのはメーター内に

赤いバッテリーのランプがついたときです。これは、充電システムに異常があったとき

につくので、バッテリーの電気を使い切る前に修理してください。

 

f:id:kanto919:20180405115356j:plain

この写真の右端のランプです

バッテリーが上がったら?

①ロードサービスを呼ぶ

②他の車に助けてもらう

③バッテリーを交換する

④ジャンプスターターを使う

 

①は、JAFなどのロードサービスを呼んで、ケーブルでジャンプスタートしてもらう

方法です。会員ならば無料ですが、非会員なら12,880円かかります。

今は、任意保険にロードサービスがついているものもありますので、そのような契約が

ある方は、そちらを利用するのがいいと思います。

 

②は、ほかの車にブースターケーブルでつないで、エンジンをかけてもらう方法です。

これは、近くに他の車があり、ブースターケーブルを持っている場合に限ります。

 

③は、近くにガソリンスタンドや、カー用品店があり、工具もそろっている必要が

あります。一番確実ですが、工具を車に積んでいる方は少ないでしょうし、女性は

バッテリーそのものが重いので、交換は大変だと思います。

金額も10000円以上しますし、物によっては30000円台のもあります。

 

そこで、お勧めするのが、④のジャンプスターターです。

 

 安いものなら5000円くらいからあって、物によっては、スマホの充電もできます。

車に一つ置いてあっても、かなり安心です。

 

バッテリー上がりを予防するには?

これは、こまめな点検がすべてだと思います。

ガソリンスタンドや、カー用品店のオイル交換時など、いろいろ勧められる機会は

多いと思いますが、煩わしいと思わずに、今のバッテリーの状況を知っておくことが

大事だと思います。

それでも、うっかりミスを防ぐために、いろいろな方法を考えてみました。

 

①ライトの消し忘れ

これは、一番多い原因だと思います。

大体の車には、消し忘れを知らせるブザーがついています。エンジンをかける前に

”ピーピー”と鳴っていないでしょうか?この音がライトを消し忘れていると、”ピー”

と変わります。(メーカーによって多少違います)この変化に気が付ければ消し忘れは

防げます。あと、ルームランプも忘れがちです。私は帰宅後、同じアパートの住人に

指摘されることが多いです。

 

②走る距離が短い

これは、少し難しいです。

皆さんの車の使い方によるので、一概には言えませんが、やはり、使わなくてもエンジ

ンはかけたほうがいいと思います。充電されるばかりか、エンジン内部もオイルで洗浄

されるので、車にとっては悪いことではありません。仕事でもこういうアドバイス

しています。ただ、ガソリン代の高騰などもありますので、強制はしません。

 

最後に

出先でバッテリーが上がってしまうと、かなり焦ってしまいます。

それを防ぐためにも、日ごろのメンテナンスが重要になります。

皆さんも、このブログで車について理解を深めてくれたら幸いです。

はじめまして・こんにちは・かんとくと申します。

今週のお題「自己紹介」

自己紹介

皆さん、こんにちは・こんばんは。

かんとくと申します。

私は北海道函館で自動車整備士をしています。

最近は若者の車離れが話題になっていますが、

自分の町でも年齢層は高くなっていると感じています。

 

このブログでは、自分が仕事で感じたことや

今までの経験の中から、皆さんに役立つ情報を伝えていきたいと思います。

 

それでは、私のことを知っていただきたいと思います。

20歳で、某大手ディーラーに整備士として勤務、

8年勤めた後、カー用品販売店へ転職、

39歳の現在まで勤務しています。

ディーラー・用品店ともに一通りの整備に従事していて、

自動車検査員を持っているので、

車検の検査もできます。

 

最近思うのは、車を買い替えるお客様が少なく

年式が古かったり、距離が多く走っていたり

整備の必要性が高くなっていると思います。

そこで、一般的に知られていることや、

専門的で知られていないことなどを

自分なりに発信していきます。

 

それでは、皆さんのお目に留まれるような魅力的なブログを目指しますので

よろしくお願いします。